Beck, Devendra Banhart feat MGMT Video Master Song



WOW
[PR]

AX
# by madonotabi | 2009-11-23 09:52 | 音楽
Chalk Farm
f0016674_21554030.jpg
カムデンの隣駅Chalk Farmは、その地元っぽさがお気に入り。
こういう感じ好きだ。


f0016674_2156967.jpg
レスリー・グリーンデザインの駅舎。1906年完成。

f0016674_21563294.jpg
地に足がついてない感じ。
[PR]

AX
# by madonotabi | 2009-11-18 22:05 | イギリス
Buckingham Palace印の"Double Chocolate Ice Cream"
f0016674_21441970.jpgバッキンガム・パレスにこんなかわいいアイスクリームが売っているのをご存知ですか?正真正銘Buckingham Palace印です。バニラとチョコレートとストロベリー味が売っていました。

f0016674_2146516.jpgこのとき、ちょうど『Buckingham Palace Summer Opening of the State Rooms』という期間に遭遇したのでまずは見学。ロイヤルなマークが素敵なチケット。

f0016674_2212458.jpgバッキンガム・パレスの裏側です。見学が終わるとここに出ます。テントのカフェあり。そしてグッズショップを見た後、、
f0016674_21471050.jpg美しいお庭を眺めながら出口に向かう小道があります。

f0016674_222139.jpgみんなここをのんびり歩いて(結構長い)出口へ。その道の脇にひっそりとテントが出ていてミネラルウォーターとアイスクリームが買えます。ベンチも沢山ありますので是非ロイヤルなアイスの味をご堪能ください。

f0016674_2204486.jpg
味は普通です。(笑)でもかわいい!
[PR]

AX
# by madonotabi | 2009-11-16 22:11 | イギリス
Temple地区
f0016674_1329850.jpgテンプル騎士団好きなあなた(?)に行ってみていただきたいロンドンのテンプル地区。12世紀にテンプル騎士団がこの地区に宿泊施設、食堂、国王のための建物、そしてダヴィンチ・コードでも有名なテンプル教会などを建てた場所で13世紀頃から法曹関係者が住むようになり、今はロンドンの4大法曹院の内の2つミドル・テンプルとインナー・テンプルが存在しシティの域内にあってシティの管轄外にあるLibertyという自治体なんだそうな。。詳しくは分かりませんがかなり独特の地区であります。


f0016674_13445356.jpgテムズ川側にTempleという地下鉄の駅がありますが、私はSt. Paul's Cathedralnの前からStrand Fleet St.をぶらぶらと歩きながらこの門を目印にミドル・テンプルへ入って行きました。ちょっと一般人が入っていいのか?という静かな地区に入り込みます。

f0016674_13513484.jpgお邪魔しております。。という感じの静かな場所です。

f0016674_13515410.jpg入る事は出来ませんがここは有名なミドル・テンプル・ホール。

f0016674_14322631.jpg

f0016674_13525051.jpg今回教会には入ってないのですが。。テンプル・チャーチにはダヴィンチ・コードで有名なあの騎士団達が眠っているのです。うーん、素敵。(この写真はTemple Churchのサイトから)

f0016674_1353826.jpgくねくねと広い地区を行くと反対側の出入り口。

f0016674_13532868.jpg目の前はテムズ川。ミレニアムブリッジもすぐそこです。ミレニアムブリッジに行く前の散歩としてこんな寄り道もいかがでしょうか?


***

f0016674_1433876.jpgちなみにStrand Fleet St.にはトワイニングの古いお店や

f0016674_14133472.jpgロンドンらしいパブや

f0016674_1414294.jpgかわいい時計などイギリスっぽい物があって楽しい。

f0016674_14153583.jpgThe Royal Courts of Justice(見学可能)

f0016674_14173026.jpgお母さん達が熱心に見ているのは。。

f0016674_14175970.jpgこの古い建物。有名なのかな?



***

テンプル・チャーチはダヴィンチ・コードの影響で見学者は多いようですが、私、テンプル騎士団やフリーメーソンの謎が大好きなので今回はコベントガーデンにあるフリーメーソンにも行くつもりがあれこれ行く所が多すぎて忘れてしまいました。見学ツアーもあるんですって、行ってみたかったなー。ってこういう話題について来てくれる人はほとんどいません。はい。
[PR]

AX
# by madonotabi | 2009-11-14 14:39 | イギリス
大好きな写真家 『Brian Rose』 Berlin&NYC
今年も11月9日が過ぎ、ベルリンの壁崩壊20周年ということで注目度も高かったようですね。私のベルリンの旅の記事にもいつもより沢山の方の訪問がありました。

さて、ニューヨーク在住のブログ仲間、Naoさんに面白いサイトがあるよと教えてもらったHPがあります。ニューヨーク在住の写真家Brian Roseさんがローワーイーストサイドの街角を1980年代と2008年に同じ場所で撮りためた写真を左右に並べる形で見る事が出来る面白いプロジェクト。
The Lower East Side Project
私が興味津々だったローワーイーストサイドが主役だった事と大好きな80年代の街角が見られる事とで興味を持つうち、彼のブログに毎日のように更新されるニューヨークのなんでもないような街角の一瞬の写真を見ていてなんだかものすごく好きなタイプの写真を撮る人だなあと非常に惹かれるようになっていました。今では大好きな写真家の1人です。いつもブログで新しい写真をチェックしています。

そして、よーく彼のサイトを見てみるとこれまた私の大好きなベルリンを1985年から撮り続けていたBrianさんが、ベルリンの壁にまつわる写真集を出している事を知ったのです。
The Lost Border
その写真もWEB上で見る事が可能なのです。

私とBrianさんを紹介してくれたNaoさんも、ベルリンがきっかけでお知り合いになったくらいですので、Brianさんもどちらの街とも繋がっていたことにまず驚き。さらにBrianさんは、私が興味があってわざわざ見に行き写真を撮ったオランダの建築も沢山撮っていて、Brian!これもか!と更に驚き。建物好きなところで通じる物があるのか、あんまり明るい写真がないのが好きなのか、、、私がBrianさんの写真に惹かれるのも当たり前と思うような材料が揃っていました。

Brianさんの写真ってドラマチックなところが一切無く、押し付けがましいメッセージもない。それでいてBrianさんの気がとまる場所や構図は、バシバシ私の感覚には響きます。多分、つまらないと思う人もいそうな写真ですが私はこういう写真が好きです。

そんなBrianさんは、ベルリンの壁崩壊20周年の今年の11月9日もベルリンで写真を撮っていたようです。もちろんその写真もブログで更新されています。Brianさんのサイトでぜひベルリンのその時を振り返ってください。

Brianさんのブログ Journal
ベルリン by Brian Rose:The Lost Border
ローワーイーストサイド by Brian Rose:The Lower East Side Project

Brianさんは Suzanne Vegaなんかと交流があるミュージシャンだった?ようなことが書いてあるのですが。こんなところで懐かしい Suzanne Vegaという名前を発見したのも嬉しい限り。つながりって面白いです。
[PR]

AX
# by madonotabi | 2009-11-12 22:39 | ベルリン



窓を探して旅に出よう。
by madonotabi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
エキサイト以外のリンク
Translation
最新のトラックバック
スコーン&マンゴタルト!
from パリ発NEPOJA日記
18年前の歓喜 - ボル..
from ベルリン中央駅
ベルリンスイーツめぐり(2)
from ベルリン中央駅
ベルリンところどころ 〜..
from パリ発NEPOJA日記
ベルリンところどころ 〜..
from パリ発NEPOJA日記
マックィーンの愛車フェラ..
from 米流時評
パリ発ピカソ盗難事件・消..
from 米流時評
第1回
from GH.Web
イレーナ・センドラー:ナ..
from 米流時評
イレーナ・センドラー:ナ..
from 米流時評
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お願い