<   2007年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

AX
ALVAR AALTO House -3- 書斎
f0016674_2215659.jpg
アアルト在りし日の仕事風景。
この写真とまったく同じ場所がここです。

f0016674_2217716.jpg

別に広いアトリエがありますが、アアルトはここも使っていたのでしょうか。
窓から見える木々が見事です。
とにかく落ち着ける雰囲気。


f0016674_22193372.jpg中二階にあたる部屋です。
ほんとうにこじんまりした狭い空間。

f0016674_22205937.jpg面白いのがこれ。
2階の部屋へハシゴで直接出入り可能。
空間の扉がユニーク。
実は色んなところに階段がある実用的なアアルト邸。

f0016674_222456.jpg

こういう狭い空間はみなさんもお好きでは?
それにしてもシンプルですねー。
[PR]

AX
by madonotabi | 2007-10-31 22:35 | フィンランド
ALVAR AALTO House -2- キッチン
アアルト邸のキッチンはほんわかあたたかい。
f0016674_21564162.jpg


f0016674_2158247.jpg窓から見える美しい裏庭を見ながらの食事。

f0016674_21592687.jpg
アアルトの妻で同じくデザイナーだったアイノ・アアルトがデザインしたキッチンスツールがありました。

f0016674_2222580.jpg

食器棚の中のグラスももちろん、アルヴァ&アイノデザイン。

f0016674_22103568.jpgこの奥はお手伝いさんの部屋です。
ここだけは見学禁止でした。

f0016674_22105530.jpg

彫刻が面白い椅子は、二人がハネムーンで買って来たバリ島の椅子。
ちゃんと部屋に馴染んでいるのが印象的。
[PR]

AX
by madonotabi | 2007-10-29 22:29 | フィンランド
ムンク展とハードロックカフェ
f0016674_21591782.jpg
ムンク展を見に上野へ。
愛するムンクはもちろんよかった〜。

***


f0016674_2221534.jpg
上野っていう場所は何でもありで大好き。
この日は同行者の希望で(←私ではない事を強調(笑))ハードロックカフェに行ってしまた。ぎゃー。知ってた?上野にハードロックカフェがあるんだよ。上野駅店なんだよ。ありえなーい!とか思いましたが、なんか上野店なら行ってもいいか別に。という気になるから不思議。でもって、食べたんだけどこれが結構美味しくて満足してる自分。うはは。

f0016674_227136.jpgHard Rock CAFE
UYENO-EKI TOKYO

行くたびに色んな意味で楽しい上野。
いつまでもそのままでいてねー。
ちなみにハードロックカフェ上野店限定ピンは「パンダ」柄なんだよ。
ありえんー(笑)
[PR]

AX
by madonotabi | 2007-10-28 22:48 | 美術
ALVAR AALTO House -1- バスルーム
f0016674_22462421.jpg
ヘルシンキから4番のトラムに乗って約30分。
緑が美しい静かな海沿いの住宅街ムンキニエミ。
フィンランドが生んだ建築・デザインの巨匠アルヴァ・アアルトの自邸があります。
ユトレヒトのリートフェルト邸に続いて、このアアルト邸訪問が何より楽しみでした。
シャイで多くを語らず、人にも会わない人だったと言うアアルトらしい質素でシンプルなアアルト邸。

で、1回目はトイレです。
気になる場所です。
どうですか?この完璧なまでのシンプルさ。
彼のプライベートルームの質素さは衝撃なほどです。
ちょっと胸が熱くなるような家でした。
これから少しずつ紹介して行きますね。


f0016674_2323362.jpg
f0016674_2325129.jpg
無駄な装飾が一切無い。
彼を表しているようなバスルームです。
[PR]

AX
by madonotabi | 2007-10-27 23:12 | フィンランド
雑談 ポアンカレよもう一度。
f0016674_0452391.jpg
NHKスペシャルで「100年の難問はなぜ解けたのか 天才数学者 失踪の謎」という番組を放送していた。100年も解けなかった「ポアンカレ予想」の面白さはもちろん、それを解いた41歳とは思えない風貌のロシアの数学者グリゴリさんが何故フィールズ賞を拒否して失踪したのか?に興味津々でソファーでTV鑑賞しておりましたが。。。月曜日の疲れというかソファーでTVを見ると眠くなる自然の摂理に勝てず、気がついたら「英語でしゃべらナイト」に変わっていてびっくり。で、がっくり。

結局、なんだったのポアンカレ〜!
グリゴリ〜!
つーわけで、月曜日からこんな面白い番組放送しないでください。NHKさん。
はやく再放送してね。
[PR]

AX
by madonotabi | 2007-10-23 00:54
Cafe Kiasma 「Star Trec Chair」
f0016674_22115870.jpg
ヘルシンキで大人気のコンテンポラリー・アート美術館キアズマの1Fにはガラス張りの明るいカフェ「Cafe Kiasma」があります。このカフェで注目なのはリンドフォルスがデザインした子供用の椅子「スタートレック」があること。

f0016674_22163359.jpg翼みたいな背もたれと入り組んだ足の骨組みが面白い!素材もユニーク。子供が座るとキュートこの上ないのがお分かりでしょ?

f0016674_22195876.jpg実は大人用の椅子も色と形がマッチしててかわいいのだ。

f0016674_22204942.jpg

美術館の入場料を払わなくてもカフェが利用できるので地元の人が普通に利用しています。カジュアルな雰囲気だし、相席するのも平気。

f0016674_22224948.jpg

実はここのランチも美味しいと評判なんだけど、スープは温かくて感激でしたが、ビュッフェの方は冷たい料理なので寒い時期にはどうかなー。香辛料の利いた味が面白いです。写真はサラダとパンとスープを飲んでるときのもので、この後お皿一杯の料理を頂きましたよ。

f0016674_22271345.jpgCafe Kiasma
Mannerheiminaukio 2
[PR]

AX
by madonotabi | 2007-10-21 01:21 | フィンランド
Designmuseo Helsinki
f0016674_22384611.jpg
デザイン好きさんにお勧めなのがヘルシンキのデザイン・ミュージアム地下の常設展示です。アンティークショップなら驚くほどお高いであろうフィニッシュデザインでいっぱい。

f0016674_22412337.jpgf0016674_22414776.jpg
f0016674_22421722.jpgf0016674_22424085.jpg
f0016674_2243065.jpgf0016674_22431675.jpg
こんなものまで展示してあるー!と小躍りしてしまう内容ですよ。

f0016674_22442138.jpg
この美術館自体も1873年設立で素敵です。2Fではテキスタイル・デザインの展示をやっていていました。(写真撮影禁止)テキスタイルといえばフィンランド。この展示は年配の方達にも人気でした。

f0016674_22491515.jpgDesignmuseo
Korkeavuorenkatu 23
[PR]

AX
by madonotabi | 2007-10-18 22:55 | フィンランド
南の端っこを散歩
f0016674_23443139.jpg
ヘルシンキの南の海岸線、KaivopuistoBrunnspark辺りは天気の良い日にぜひぜひ散歩して欲しい場所です。各国の大使公邸が建ち並ぶ超高級住宅街散策とヨットハーバーのある海岸散歩ができちゃって気持ち良さ抜群。

f0016674_0334773.jpg

上のお兄さん達はこの先っぽのベンチでまったりしているのです。

f0016674_034554.jpg

f0016674_0351718.jpg

f0016674_035384.jpg

海岸にはテントが目印の「Cafe Ursula」があって眺めは最高。
この外観見覚えある?ロケ地No.2ね。

f0016674_0383528.jpg

ヨットハーバーにはこんなカフェスタンドが。素朴だぁ。
ぜひぜひ散歩してみてね。
[PR]

AX
by madonotabi | 2007-10-17 00:43 | フィンランド
ヘルシンキの真の顔
f0016674_21381996.jpgヘルシンキ生まれのHESBURGER
ちょっと中心を外れると現れる。
上手く言えないけど寂しいのであーる。
フィンランドというと雑誌やなんやで「かわいい雑貨の国」とか「デザイン王国」とか紹介されてる事がほとんどだけど、私はその雑誌が作り上げる印象がどうもあやしいような気がしていた。北欧の幻想はいったん捨ててほんとの姿を見てやろうって思いがちょっぴりあった今回の旅。

南の海岸の近辺はどちらかというと高級かつ優雅な地区が多い。でもトラムに乗ってずーっと北の方やら行ってみるとやっぱりヘルシンキはカウリスマキの舞台のままのさびれたわびしい街が続いていた。ずーっと北へ行くまでもなく、優雅なアパートはほんの一部であっとうまに荒涼とした街が姿を現すのだ。

f0016674_21471779.jpg仮装大会か?
と思うほどの時代錯誤なかっこうをした人たちが歩いている。
昼間っからだ。

f0016674_21492052.jpgああ、気温は寒くなかったけど。
なんつーか薄ら寒いこの光景。

f0016674_21504648.jpgカウリスマキにでてくるようなおっさんが、カフェとは言えないような路上椅子(笑)で酒だかコーヒーだか、もしくは何をするでもなく座っているような風景はあたりまえ。でもそんなヘルシンキが私の想像していたヘルシンキに近かった。むしろこっちのヘルシンキの方が好きなくらいだった。現実っぽいのだ。イギリスもそうなんだけど、独特の寒い感じ。ほこりをかぶったショーウィンドーみたいな物が私の心を掴むみたい。


そしてもう一つ、北欧の幻想を忘れよ。と、気がついた事。
20代くらいの男女はそれはもう透き通るような北欧美形な顔して歩いてるんだけど、中年になると面影は100%なくなるくらい険しい顔のおっさんおばさんになる。ここでもカウリスマキ顔というのがまさにぴったり。なんでまあこうなっちゃうのかな。色んな意味で厳しい北の大地と社会福祉の重圧がそんな顔を作っちゃうのかなぁ。っと、まだまだ奥が深いヘルシンキなのでした。
[PR]

AX
by madonotabi | 2007-10-15 22:16 | フィンランド
アイス天国
f0016674_120684.jpgValion baari

フィンランド人のアイスクリーム消費量はすごいらしい。とは聞いていたのですが。確かに!
みんな冬の服装でマフラーしてるのにアイスを食べながら歩いてます。ヤングもオールドも休憩っていえばアイス。これが常識でありました。そんなわけで私も何かとアイスを食べてました。このアイス、あんまり甘くなくてどんどんいける感じなのです。

アイス屋さんは数あれど、上の写真は店舗デザインをIVONAhelsinkiのパオラが手がけたという事で押さえておきたいお店です。紙ナプキンもパオラっぽい。Kamppiの中にあって常にお客さんでいっぱい。パオラデザインのオリジナルグッズも買えます。

f0016674_1363026.jpgこのお店、かわいい牛のパッケージデザインで有名な乳製品メーカ「Valio」のお店なのでミルクバーでもあります。色んな種類のミルクシェークも楽しめます。「Valio」のアイスは普通にスーパーでも買えまーす。
[PR]

AX
by madonotabi | 2007-10-13 01:52 | フィンランド



窓を探して旅に出よう。
by madonotabi
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
エキサイト以外のリンク
Translation
最新のトラックバック
スコーン&マンゴタルト!
from パリ発NEPOJA日記
18年前の歓喜 - ボル..
from ベルリン中央駅
ベルリンスイーツめぐり(2)
from ベルリン中央駅
ベルリンところどころ 〜..
from パリ発NEPOJA日記
ベルリンところどころ 〜..
from パリ発NEPOJA日記
マックィーンの愛車フェラ..
from 米流時評
パリ発ピカソ盗難事件・消..
from 米流時評
第1回
from GH.Web
イレーナ・センドラー:ナ..
from 米流時評
イレーナ・センドラー:ナ..
from 米流時評
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お願い