カテゴリ:ベルリン( 82 )

AX
大好きな写真家 『Brian Rose』 Berlin&NYC
今年も11月9日が過ぎ、ベルリンの壁崩壊20周年ということで注目度も高かったようですね。私のベルリンの旅の記事にもいつもより沢山の方の訪問がありました。

さて、ニューヨーク在住のブログ仲間、Naoさんに面白いサイトがあるよと教えてもらったHPがあります。ニューヨーク在住の写真家Brian Roseさんがローワーイーストサイドの街角を1980年代と2008年に同じ場所で撮りためた写真を左右に並べる形で見る事が出来る面白いプロジェクト。
The Lower East Side Project
私が興味津々だったローワーイーストサイドが主役だった事と大好きな80年代の街角が見られる事とで興味を持つうち、彼のブログに毎日のように更新されるニューヨークのなんでもないような街角の一瞬の写真を見ていてなんだかものすごく好きなタイプの写真を撮る人だなあと非常に惹かれるようになっていました。今では大好きな写真家の1人です。いつもブログで新しい写真をチェックしています。

そして、よーく彼のサイトを見てみるとこれまた私の大好きなベルリンを1985年から撮り続けていたBrianさんが、ベルリンの壁にまつわる写真集を出している事を知ったのです。
The Lost Border
その写真もWEB上で見る事が可能なのです。

私とBrianさんを紹介してくれたNaoさんも、ベルリンがきっかけでお知り合いになったくらいですので、Brianさんもどちらの街とも繋がっていたことにまず驚き。さらにBrianさんは、私が興味があってわざわざ見に行き写真を撮ったオランダの建築も沢山撮っていて、Brian!これもか!と更に驚き。建物好きなところで通じる物があるのか、あんまり明るい写真がないのが好きなのか、、、私がBrianさんの写真に惹かれるのも当たり前と思うような材料が揃っていました。

Brianさんの写真ってドラマチックなところが一切無く、押し付けがましいメッセージもない。それでいてBrianさんの気がとまる場所や構図は、バシバシ私の感覚には響きます。多分、つまらないと思う人もいそうな写真ですが私はこういう写真が好きです。

そんなBrianさんは、ベルリンの壁崩壊20周年の今年の11月9日もベルリンで写真を撮っていたようです。もちろんその写真もブログで更新されています。Brianさんのサイトでぜひベルリンのその時を振り返ってください。

Brianさんのブログ Journal
ベルリン by Brian Rose:The Lost Border
ローワーイーストサイド by Brian Rose:The Lower East Side Project

Brianさんは Suzanne Vegaなんかと交流があるミュージシャンだった?ようなことが書いてあるのですが。こんなところで懐かしい Suzanne Vegaという名前を発見したのも嬉しい限り。つながりって面白いです。
[PR]

AX
by madonotabi | 2009-11-12 22:39 | ベルリン
ベルリンを想う 11月9日
f0016674_1119954.jpg
18年前の11月9日。テレビに映し出される壁崩壊の映像は何とも言いがたい印象を私に残し何時かこの地を訪れるだろうという漠然とした予感を持ちつつ十数年が経ちました。

そして2年前。ついにベルリンの地を踏みました。
ベルリンの旅をする前とした後では自分が180度方向転換したと言ってもいいくらい、私に与えた影響は大きかったと今でも感じています。他の国を旅してもベルリンに対する想いは一段別のところにあってベルリンという地が持っていた歴史の空気は永遠に消えない物となって私の中に残ったようです。

ベルリン在住のマサトさんのblogベルリン中央駅に貴重な記事が掲載されました。
ベルリンに少しでも興味がある方は、絶対に読んでみていただきたい素晴らしい記事です。特に記事の中で紹介されているYouTubeの映像を必ず見てみてください。 日本に住んでいる私はブランデンブルク門前の映像くらいしか見る事ができませんでしたが、こんな貴重な映像を見られるなんて信じられないくらいの映像です。当時の本当の姿。そして、あのような混乱時でのベルリナーの態度にきっと驚くと思います。

マサトさん。本当に感謝です。


f0016674_11425263.jpg
f0016674_114322100.jpg
写真は全て2005年11月に私が旅したベルリンです。歩いているのは私(笑)。
[PR]

AX
by madonotabi | 2007-11-10 11:47 | ベルリン
早く紅葉を。。
f0016674_235129.jpg
曇ってても暑いんですけど。。
うーん、クーラーが夏本番より効かない気がするのは私だけ?
早くもブーツを履いてるおしゃれさんも、さぞ暑かろうとお察しします。
例年、9月に入ると意地でも長袖を着用する私もさすがに耐えられん。
[PR]

AX
by madonotabi | 2007-09-10 23:57 | ベルリン
Cafe -wohnzimmer-
f0016674_22554288.jpgWohnzimmer
Lettestr.6,10437 Berlin
by madonotabi

くるりの新しいアルバムは、なんとウィーン・レコーディングです。
ウィーンのエンジニアとパリジャン・プロデューサーとジャパニーズ・ロックくるりがどんな作品を創り上げてくれたのか楽しみであります。ウィーンを選んだくるりの今の心境がなんとなく分かるような。。気がします。

ウィーンでは、伝説のカフェ「HAWELKA」を溜り場にしていて、このカフェを気に入った彼らはアルバムタイトルを「HAWELKA」にするという案もあるそうです。HPでほぼ毎日更新されていたレコーディング中の模様を知らせてくれるコーナー「ダンケ ダンケ ダンケ」では、和やかにカフェで談笑する様子が見られました。私が気に入ったのは、岸田君の服装。今回は常にちょっとクラッシック系(きれいな色のセーター、ネクタイ、ぱりっとした質の良いシャツ、縞パンツなど)の洋服をスタジオ内でも着用していて、なんというか、そういう気分もひっくるめてウィーンなんだなと。。上手く説明できまへんがとっても納得してしまったわけです。彼がいつもそういう服装をしている訳じゃないからなおさらです。

老舗カフェ「HAWELKA」の雰囲気もそうですが、常連さんのいるようなお店の雰囲気は壊したくないです。旅で訪れる場所に合わせて洋服を選ぶ楽しさってあります。ドレスは持っていきませんが、ある程度の普段着おしゃれをするのは楽しい。その国の日常に「えっ!」っとした瞬間を与えてしまうのは好きじゃないです。行ってみたい国、カフェやお店で自分はどうありたいか?を考えて旅の洋服は真剣にコーディネートしちゃいます。ま、もちろん、危険地帯、砂漠、などなどシチュエーションによってですので、砂漠でお気に入りのブーツを履いたりはしませんよって。 

上のイラストは、ベルリンで絶対に行こうと思っていたプランツラウアーベルクのセルフサービス・カフェ「wohnzimmer」を描いてみました。このカフェいい感じでしょ?諸事情により行かずじまいでしたが、こんなカフェで自分が座っている姿を想像して旅の洋服を鞄に詰め込むって最高です。岸田君の服装を見て、なんだかウィーンに旅立つ彼の旅支度の楽しさを思ってしまったのでした。
[PR]

AX
by madonotabi | 2007-04-28 23:51 | ベルリン
夜のバウハウス
f0016674_20342013.jpg
思い出してみると、”バウハウス”っていう響きそのものに衝撃を覚えた幼い自分。
バウハウスの作品はその期待を裏切らないものだった。

f0016674_20421431.jpg
そして、資料館。
夜もなお美しい。
見られることも計算に入れた、外から見た時の中身。

f0016674_20371079.jpg
See you..
[PR]

AX
by madonotabi | 2006-10-05 20:45 | ベルリン
まだ早いけど
f0016674_0332695.jpg
慣れぬ環境というのは爆睡を招くなり。
最近はブログも更新してないな〜。
とは思いながらも睡魔には勝てず。
寝ている間にお風呂が終了するマシーンが欲しい。

もうすぐこんな綺麗な紅葉の季節ですね。
懐かしのベルリンです。
[PR]

AX
by madonotabi | 2006-10-04 00:42 | ベルリン
また秋が来たし
f0016674_041690.jpg
夏の終了をひたすら待っていた私。
待望の秋が来て、ベルリンを思い出しています。
さて、秋が似合う所へ旅に出ようかな。
[PR]

AX
by madonotabi | 2006-09-20 00:05 | ベルリン
ベルリンで見た空
f0016674_0373899.jpg
と、そっくりの空だったので。。
[PR]

AX
by madonotabi | 2006-08-13 00:39 | ベルリン
私のブランデンブルク門
f0016674_19535263.jpg
ベルリンと言えば。。W杯のニュースでも盛んに映される場所「ブランデンブルク門」。
この代表的場所の写真を掲載するのをすっかり忘れていましたので、1枚紹介します。

ベルリンの旅での記念すべき”三脚による自分写し第1号”がこのブランデンブルク門前の写真でした。広場は広いし掃除が行き届いているし、この感動を表すには?
と、三脚前で走ってみました。
へっぴり腰だけどご愛嬌。

この後調子に乗ってベルリンの壁でも走っています。
思い出深い1枚。
[PR]

AX
by madonotabi | 2006-06-11 20:08 | ベルリン
3階あたり
f0016674_2327392.jpg
ベルリンでふと足が止まったアパート。
ここの3階あたりの窓から外を眺めてる自分を想像してしばし見上げてた。
私のタイプはこんな感じ。

プランラウアーベルクの通りで。
[PR]

AX
by madonotabi | 2006-06-05 00:01 | ベルリン



窓を探して旅に出よう。
by madonotabi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
エキサイト以外のリンク
Translation
最新のトラックバック
スコーン&マンゴタルト!
from パリ発NEPOJA日記
18年前の歓喜 - ボル..
from ベルリン中央駅
ベルリンスイーツめぐり(2)
from ベルリン中央駅
ベルリンところどころ 〜..
from パリ発NEPOJA日記
ベルリンところどころ 〜..
from パリ発NEPOJA日記
マックィーンの愛車フェラ..
from 米流時評
パリ発ピカソ盗難事件・消..
from 米流時評
第1回
from GH.Web
イレーナ・センドラー:ナ..
from 米流時評
イレーナ・センドラー:ナ..
from 米流時評
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お願い